FC2ブログ
2011-09-24

大連旅行一日目

2011年9月17日。成田を利用して大連にやってきました。一人旅です。
大連は日本に統治されていた歴史があり、反日感情があるのではないかと敬遠していました。しかし、実際は日本の企業も多く参入し、大連には日本語を学ぶ学生がとても多いとのこと。日本からの留学生も沢山いるようでした。
今年初めに杭州を旅行した際に、帰りの飛行機で大連出身の方と隣り合わせになりお話を色々したこともきっかけになり、とうとう大連旅行実現に。

予約したホテルが空港から無料送迎してくれるということで、それを予約しました。
車に乗るともう一人おじさんが。日本人のおじさんで、チェックインの際にも色々気を使っていただきました。
やっぱり日本人が多いんだなぁと実感。

201109171.jpg

今回泊まるのは大連駅前のラマダです。大変便利な立地です。これはホテル前の様子。
ちなみに大連駅はこの景色を見て背中側にありますが、設計は日本人。上野駅を模して作られたそうです。

ホテルに荷物を置いて、まず向かったのは“中山広場”。大連のシンボルです。
かつてロシアがパリの街並みを模して作ったといわれ、円形の広場から主要道路が放射状に広がっています。

201109172.jpg

写真で見るのは上空から見た広場。
当然、人間の目線ではこのような感じ。

201109173.jpg

円形がイマイチ実感できず。しかも、またまたですが、広場の一部が工事中…。
しかし、この広場を取り囲んで、“大連賓館”=旧ヤマトホテル(1914年)、“中国銀行”=旧横浜正金銀行(1909年)、“中国工商銀行”=旧大連市役所(1920年)など、古い建築物がずらり。壮観です。現在も役目を変えて現役で使われています。建物には歴史的建築物である旨の説明書がかかっていましたが、「日本侵占」の文字があり複雑な心境になりました。

地球の歩き方に載っている広場の全景写真が、近くの世界貿易大厦の上層階から撮影しているようだったので、そこから見れるかも…とのことで行ってみました。
入ってみると普通の高層のオフィスビル。めげずにチャレンジ!
エレベーターに乗ると最初のものは15階までだったので、とりあえず15階へ。着くと保険会社のフロアのようです。慌てて乗り換えのエレベーターを探しますが、いくつかあってどれを利用すればいいかわからない。いろいろこころみて、裏階段を見つけたのですが、怪しい雰囲気だし、何十階も上がれません。それで途中でリタイアしようとしたら、会議中の部屋に出てしまいました。なんて迷惑な観光客でしょう。
ようやく諦めて地上へ戻りました、。

広場をあとにします。

大連ではこのようなものを旅行中何回も見かけました。

201109174.jpg

他の土地では見たことがないので大連特有かわかりませんが、これは結婚式です。様々なデザインがありました。
他、結婚関係の広告やウェディングドレス屋さんがたくさんありました。結婚ブーム?というほど沢山沢山!

しばらく歩いて繁華街近くの“労働公園”にやってきました。
この先にあるリフトに乗って小高い山にある大連観光タワーに行くのです。しかしこの公園も広い広い。サッカーボールの形をした建物を(大連はサッカーが人気)過ぎ、歩く歩く。草木しかない。

ようやくリフト乗り場につき乗ります。
私の高所恐怖症も大分改善され、これぐらいなら大丈夫…と思っていたのが甘かった。このあと死ぬほどめちゃくちゃ後悔しました。高所恐怖症の人は絶対乗らないでください。
まず、ゆっくりとしたスピードなので、長い。15分はありました。そうこうしていると高さは増し、公園を過ぎ道路を越しますが、ここがまずい。高くて長い。そして、ただでさえ強風なのに、ここの道路ゾーンで風力はピークに!ロープから外れて落ちるのでは、というほど揺れる。安全バーにしがみつくも、ちゃっちいから全然安全じゃない。ちなみに他に利用客はなし、私だけ、というのが恐怖を倍増。半泣きで頂上へ辿り着きました。
帰りは絶対山道を歩いて下るぞと決意。

201109175.jpg

震える手で一枚。

おばちゃんが、タワーに上るならあと30分で降りてきて、とのこと。(多分)
リフトは16時半までみたいです。私もう乗らないし、もうこれ以上高いところは嫌だから、タワーも上らないよ。と思いつつ、タワーの下までは行ってみることに。
安易なもので、下まで行くとせっかくだから行ってみるか~。50元です。
エレベーターはぎゅうぎゅう。みんなリフトじゃなくて車で上ってくるみたいでした、なんだ…。

展望台は360度見渡せますが、賑わう一角が。

201109176.jpg

話題の空母が大連港にあるのです。なにやら物騒ではありますが、中国ではすごく話題でテレビでも結構時間を割いているみたいです。

拡大写真↓

201109177.jpg

白い舟の右後ろに横たわっているのが、そうです。

下界に下りてきて向かうは海。(安易なもので、再びチャレンジしてリフトで降りてきました。目を瞑ってずっと歌を歌っていました。)
その前に道端で綿菓子を買って、恐怖で震えた体を落ち着かせます。
そしてタクシーで“星海広場”へ。
海沿いに出るとすごくいい景色☆広場の前で降ろしてもらいます。
星海広場は、大連港の反対側の海にある、アジア最大の広場です。飛行機からは本当にキレイな星型に見えました。香港返還を記念して作られたそうです。大連市制100周年を記念したたくさんの足型をとった記念碑の先には、広い海が広がります。

201109178.jpg

なんてキレイなんだ…!
と感動するも、ものすごい風と寒さ。実は大連は緯度では日本の東北と同じくらい。気温も日本と同じくらいか若干低いくらい。日本は未だ連日猛暑でしたので、7分袖に薄い羽織物できていたのです。空港に降りたら冬並みの寒さ。我慢していましたが、ここにきて気持ちが弱ってきました、。
でも、ここで夜景を見たかったので、暗くなるまではうろうろ動き回って待ちます。広場には観光客向けの馬車もありました。おとなしくて偉い馬です。
それにしても広い、何もない。景観を考慮してか、トイレは地下にありました。不本意にも暖かい。
そうこうしていると暗くなってきました。

201109179.jpg

香港返還を記念して作られた“華表”、1997年にちなんで19.97m。
これで安心して広場をあとにします。

少し歩いて道を入ったところに、太原街という夜市があるとのことで、探していってきました。
サンダルやら、靴下、ライターやその他がらくただらけ。賑わう様子が楽しかったです。

その他、私のお決まり、果物屋さん。

2011091710.jpg

道端でも沢山果物が売られていましたが、ここ大連でよく見かけたのは、りんご、ぶどう、もも、ざくろ等です。
特に林檎は中国生産量の1/3を占めているようで、特産品だそうです。

そうこうして歩いて帰ってくるともう遅い時間。
今日の夕食です。

2011091711.jpg

アワビみたいなののあんかけがかかった赤飯風と奥はホタテ。その他蒸し餃子も食べました。ビールはもちろん常温。

このあと、タクシーで足マッサージに。ものすごく痛くて大変だったのですが、。

それと今夜のビール。
左の雪花ビールはご当地みたいでよく見ました。真ん中はなんとハルピンのビール。右のアサヒはここ大連ならでは。味は日本とは違いました。

2011091712.jpg

⇒ 大連旅行二日目~その一~ へ続く

クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国四川省宜賓市にて生活を始めました。
旅行記に絞ったブログ、一つひとつは旅のあしあとです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲