FC2ブログ
2014-07-28

瀋陽旅行一日目~その一~

2014年7月19日、成田から瀋陽へ。二泊三日の一人旅です。

本日から夏休みの家族連れで、空港は大混雑。全日空で瀋陽桃仙空港に到着したのは、12時40分でした。
手元にあるガイド本にはまだ瀋陽市内の地下鉄は記載されていないものの、現在1号線・2号線が開通しています。そして、どうやら2号線が空港まで伸延したとの話を耳にしたのですが、実際はまだのようでした。
エアポートバスが非常に時間のかかるバスのようでして、迷わずタクシーへ。

前回の洛陽旅行では、ホテルで少しトラブルがありました。
それを受けて、今回は現地で宿泊場所を決めようと考えていました。本当は格安宿で探そうと思っていたのですが、中国語の先生がおすすめのホテルを教えてくれた。
中国語のQ先生の人脈はすごい。中国各地、日本含め。私が、どこへ行くよ~というとそこのお友達に現地情報を聞いてくれたりする。今回も、お友達が「じゃあ、ぜひうちへ泊って!」
彷徨う時間もなくなってきたので、結局おすすめホテルに向かってみることに。
瀋陽站前の繁華街、太原街近くにある大変便利な立地です。
前回は、三泊四日を「四天」と考えていたことが、トラブルの原因のひとつにあった。今回は二泊三日、「二天」で。そしてお昼には退室することをしっかり伝える。
空室はあり、押金(デポジット)は1000元。お財布があっという間に寂しくなった。

明日は、中朝国境・丹東へ列車で向かうため、その切符を買うべく瀋陽站へ。

201407191.jpg

中国東北地方には、近代の日本統治時代の面影が多く残るという。
駅前にはこのようなレトロな建物も多い。けれど、これらは皆新しくペンキが塗られ、まるで新築のようだった。
3年前に大連を訪れた時にも、そうした若干の「がっかり」はあったのだけれど、ここ瀋陽を訪れて、まだ大連の方が古さ残る街だったなぁと感じた。大連の方が大都市なのだけれど。

それにしても、この地に降り立ち体が反応したのは、この空気の悪さ。向うがすっかり霞んでいます。
中国旅が増えてきて初期は、空港に降り立ちすぐに体が反応したものだけれど、人のからだとはうまくできたもので、すっかり慣れてしまった。
しかし、慣れたこの体でさえ反応するのだから、さぞかし。喉がイガイガするのです。Q先生にラインを送ると「重工業の街だからね」と。そういえば、中国LINE不通・当局の関与は不明、のニュースはなんだったのだろうか。

201407192.jpg

これが瀋陽站。旧・満鉄奉天駅で、日本人の設計によるものだから日本人の郷愁感を誘う。
こうした日本式の駅は、中国では東北地方ならではですね。しかしながら、これも塗り替え間もない様子。
駅前には、このように抗日の歴史が刻まれています。

チケット売り場はたいへんに混み合っています。
「我要去丹东,明天20号 早上5点40出发」
「没有」
予め時刻を調べていました。朝5時40分発のチケットが欲しかったのですが、冷たく「ない」と。
他の便を聞くと、ひとつ前は4時。
ひとつ後は6時20分、正直日帰りで行くには厳しかったのですが、「それ下さい」。
電光掲示板には、明後日までの販売状況が掲示されていますが、それをみるとどれもあらかた売り切れているか残り僅か。甘くみていたみたい…。

無事に明日の乗車券を購入して、ようやく瀋陽の観光に向かうことができます。
向かうは‟瀋陽故宮”。
瀋陽站から地下鉄に乗ろうとするも、手元のガイド本の地図にはまだ路線図が描かれていない為、降りる駅がわかりません。
自動券売機の路線図と地図を照らし合わせ、多分ここ、と「中街」まで2元。
中街から地図を上下左右にしながら迷う…。こんな繁華街のどこに、あの広大な故宮がありえるというの!?
結果的に距離は近かったのですが、少しわかりにくいです。

201407193.jpg

突如現れた‟瀋陽故宮”。
あの有名な北京の紫禁城の先駆けのような存在です。
後金が瀋陽に遷都した際に造営され、清国となり後に北京に入城するまで王宮でした。17世紀、太祖ヌルハチ(弩爾哈赤)と清初代皇帝ホンタイジ(皇太極)がここに住み、そして北京入城後も、離宮として歴代皇帝が訪れたといいます。

入場60元、敷地内に入り、目にするのは‟崇政殿”。
政務や使節の接見をここで行いました。

201407194.jpg

扁額には、左に満州文字、右に漢字。
清朝の皇族、愛新覚羅は満州族です。かれらは、漢文化との融和を図りながらも、満州の誇りを失わず胸に秘め続けた。

この崇政殿、かなりの見応えです。細部まで見事な装飾が施されている。
そして奥の「明光正大」、黄金が輝いて際立って見えますよね。
これ、不思議なことにどこから見てもこの文字だけ光が反射して輝いて見えた。とても神秘的でした。

201407195.jpg

こちらは玉座。
ところどころにあしらわれた龍は、立体的に彫られていて、今にも飛び出してきそう。爪はどれも5本です。龍は皇帝のしるし。そして爪5本は本物の証。

201407196.jpg

崇政殿を過ぎ、階段を登り楼閣を越す。
北京の天壇などの史跡は瑠璃色の瓦が鮮やかでしたが、こちらは皇帝の色、黄色を主体として緑が風格を表している。

楼閣をくぐると、広い敷地に左右、対称に建築物が。

まず‟永福宮”。
ホンタイジの庄妃の宮殿です。寝台の色合いがなんとも艶かしい。

201407197.jpg

説明書きによると、庄妃はたいへん聡明で、清朝初期の王朝安定に貢献したのだという。1638年に、後の順治帝はここで生まれた。
となるとさぞかし寵愛されたに違いない。しかし、その割にとても簡素な宮でした。他の妃の宮殿と同じ。

続いて‟清寧宮”。

201407198.jpg

ホンタイジと皇后が居住した建物です。
天井は鮮やかな彩色ですが、やはり簡素。
この宮の東の部屋が生活空間で、西の部屋は薩満祭儀を行う神宮として使用された。こちらの写真は後者です。

それにしても、各建物にある説明書き。中国語と英語と日本語が書かれているのだけれども、この日本語がめちゃくちゃでまるで意味がわからない。翻訳ソフトを使ったみたいに。
それにしても、どの説明書きも北京、「ペッキン」って…。

ちなみにホンタイジ、長男ではありません。
騎馬民族である満族には、長兄が継ぐ、という決まりがない。優れた者、勇ましい者が後継として指名される。民族が生き残っていく中で必然の考え方かも知れない。
浅田次郎「中原の虹」では、そうしたひとつの民族が王朝を起こすまでを鮮やかに描いており、その中で「勇者」という言葉は繰り返し登場する。
この「中原の虹」、張作霖を主軸として書かれた作品ですが、そこにこの愛新覚羅氏が王朝を起こす前までの流れが並行して一定の間隔で織り込まれている。
一見まるで飛躍した構成に見えますが、これはとても緻密に計算されていて、張作霖とダイシャンにヌルハチにホンタイジ、無関係に見えながらこれらは底辺で繋がっている。
その底辺にあるもの。勇ましさに価値がある一方で、臆病、弱さ、躊躇いは万死に値する。無残なほどにそれは貫かれている。
「中原の虹」のラストは、愛新覚羅氏の北京侵攻を、張作霖のそれと重ねて、劇的に描いている。


清寧宮をあとにして、‟関雎宮”へ。

宸妃、海蘭珠の宮殿だという。
部屋の構成は同じなのだけれど、他に比べ派手さがある。
説明書きによると、宸妃はホンタイジの一番の寵妃で、皇子が生まれた時には大赦を行ったほどだという。そして、先ほど覗いた永福宮の庄妃の姉であると。
姉妹抜きにしても、妃の宮がお隣さんみたいな感じで並んでいるの、トラブルはなかったのだろうか。

どの宮にも、部屋の一番奥にこのように祭壇があった。

201407199.jpg

満族は、祖先を大事にする民族だったという。

瀋陽故宮はそんなに広い宮城ではないけれど、ゆっくり見ていたらきりがなさそうだった。

2014071910.jpg

紫禁城の屋根がみな圧巻に黄色だったのに対し、こちらは黄色を地にして輪郭のように緑の瓦が使われている。どの宮殿もそうだった。
ふと振り返ると、いくつもの建物の屋根が重なり、その甍の連なりは歴史の重みのように感じられた。

一番奥まで行ったところで裏手に階段を見つけ、それを降り東側へ。

2014071911.jpg

瀋陽故宮ってそんなに大きくないなーなんて思っていたけど、まだまだこんなものがあったんだ。
これは‟大政殿”。ヌルハチが瀋陽に遷都する際に最初に建てられたものだと書かれている。
皇帝が式典を行う場所で、ホンタイジによる清国建国の式典や、順治帝の即位式などがここで行われたのだという。
しかしながら、修理中。

2014071912.jpg

解体された遺物は横にどかされている。修理に携わっているのは皆おじいさんくらいの年齢で非常に頼りない。重い重い石造りをみんなで抱えながらセットしていた。「置くだけ!?」
うまい位置に乗らないらしく、やいのやいの言いながら微調整している。

振り返ると、広がる空間に左右に‟十王亭”がずらりと並んでいる。

2014071913.jpg

これらは清朝の軍事組織の形態である「八旗制度」を表しているそう。

故宮を出ると大好きな果物売り♪

2014071914.jpg

今回の旅行ではいたる所に、桃、ぶどうが売られていました。

太陽は西に傾き始めている。
故宮の建物が霞んだ空気の中、逆光で不鮮明になってきました。
次の目的地まで、急がなければ…。

⇒ 瀋陽旅行記一日目~その二~ へ続く


クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国四川省宜賓市にて生活を始めました。
旅行記に絞ったブログ、一つひとつは旅のあしあとです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲