FC2ブログ
2015-01-07

上海旅行一日目~その一~

2014年12月31日、上海で年越しをするために静岡空港を出発しました。二泊三日、友人と二人です。
静岡を夕方に出て翌日一日観光し、三日目上海を午前中に発つというスケジュール、実質中一日しか動く時間がない、ふらり旅。
この静岡空港、中国東方航空、往復の航空券3万円と少し(燃サ込)でした。駐車場も無料で利用できるので、費用を抑えることができる。
静岡近隣の他県の方々にもぜひ利用していただきたいです。

前日の飲み会で二日酔いの私は、空港に向かう途中にヘパリーゼとエネルゲンとポカリスエットを購入。青い顔をしながら空港へ。

201412311.jpg

昨日天気予報を見たら、年末年始の上海は極寒の予報だった。けれど、飛行機を降りたらそれほどでもなく安心。むしろ厚着が暑いかも…。

上海浦東空港へ到着し地下鉄で1時間ほど。繁華街「南京東路」付近にホテルをとっていました。
上海にはコンビニがたくさんある。
ホテルの裏手にセブンイレブンを見つけ、さっそく入店。
きれいさ品揃え対応その全てに、ここが中国一番の国際都市であることを感じる。私の大量の荷物とキャリーバックを預かり棚に上げてくれた。

201412312.jpg

購入したのは、未だ収まらない二日酔いに、リポビタンD「力保健」とセブンイレブンプレミアムの梨ドリンク。

時刻は21時を過ぎていた。
随一の繁華街「南京東路」に出てみると、確かに上海に来たんだなぁとしみじみ感じた。

201412313.jpg

外灘を思わせるノスタルジックな建物。
ここから南京東路を東へ向かい黄浦江方面へ。その“外灘”へ行きます。

他都市との中継にこの上海を通過することはあっても、実質的に2009年以来の上海となります。
その時はぐったりするような猛暑でした。季節が違えば時間帯も違う。
この目が覚めるような派手なネオンの並び、この街が変わったのか変わっていないのか、そのどちらの感想もが浮かび判断に迷った。
しかし、瞬く間に近代化していく中国の中でその先頭を切っているこの都市。その一番の繁華街がこれだけの時間を要して変化していないわけがなかった。

201412314.jpg

それにしてもものすごい人混み!
友人がそういうと、「中国はどこもすごい人混みなんだよ」と、私は少し知った顔。確かにこの時間帯であろうと繁華街や夜市はすごい賑わいであることが多い。
けれど、それがちょっと様子がおかしい。私の予想より数割増しの人出なのです。

中国には旧正月「春節」を盛大に祝う風習がある。
中国でもっとも混沌と混乱が訪れるのは、その「春節」と「国慶節」だ。これらは、私は未だ経験したことがないけれど、日本人の想像を超えた規模の人の移動がある。
日本と違い、「新年」は単なる祝日に過ぎず、まあまあ、といった感じだ。
つい数日前も、烏魯木斉でお世話になった库尔勒の張さんとQQでチャットした際に、そんな話をした。
「新年はそう賑やかではないよ」
上海は大都市だからわからないけどね、そうとも言っていたけれど。


話は逸れるけれども、10月の烏魯木斉旅行がきっかけとなり、11月にとうとう「QQ」を始めました。

「QQ」は、中国人のほとんどが利用しているメッセンジャー。
中国ではインターネット規制が厳重で通信手段などにも完全な自由がない。
そうしたわけで皆このQQを通してコミュニケーションをとるのです。
QQに登録すれば、チャット、テレビ電話、ブログやツイッターのようなものから、またまた音楽をダウンロードしたりなんかもできる。
登録後、中国語のQ先生や新疆でお世話になった人達が参加しているチャットグループにも加えてもらい、私の語学レベルでは難があるけども、充実したQQ生活を送っている。
このグループ、中国全土の80人程のメンバーからなる。
当然のことながら、実際の会話は教科書通りではなく、皆さんの会話は?だらけになってしまうことも多いのだけど、口語体での会話は勉強になります。

外灘で新年を迎えたら、浦東の夜景とともに「新年快乐!」とQQでメッセージを送りたかった。
けれど、ここにきて携帯を見たらまったく使えない状態だった。
中国に来ると、突然まったく使えなくなることが少なからずあった為、「まぁ仕方がないか~」と気楽に考えた。
…しかし、このことが後ほど問題になろうとは…。

南京東路を人混みの中、進んでいると、みんな「光る耳」を付けていることに気が付いた。
ディズニーランドなんかでつい買ってしまう、カチューシャみたいなの。

201412315.jpg

リボンからウサギの耳から、悪魔の耳みたいのまで。
携帯が通じない現状この人混みではぐれたら終了なので、目印に友人に購入を頼んだが、断られた。

201412316.jpg

とあるデパートのイルミネーション。
中国ではお決まりの「クリスマス過ぎてもメリークリスマス」。
上海滞在中、いたるところにあった。クリスマスソングも。

デパートの並びを過ぎ、クラシカルな建物に囲まれてきた。繁華街は終わり、それこそ外れ、といった雰囲気。
2009年の夏も、この道を砂埃の中、外灘の広場を目指したのだった。
ところがあの時には、上海万博を控えこの一帯は工事中で、一切の眺望が遮られていたのだった。
友人と黄浦江沿いに北上し、「外白渡橋」付近で夜景を待ったのを思い出した。

201412317.jpg

あの時と同じ通りとは思えない。
中国では新年はやらない、とは言ったものの、この人混みは明らかに広場でカウントダウンをしようとしている人たちの集まり。
もうこの段階で引き返すことやルートを変えることはほぼ不可能で、とにかく押し潰されないことだけを考えて少しずつ少しずつ前へ。
この写真でみんなが驚いて振り向いているのは、なんとこの人の密集の中を、バスが強引に侵入してきたからだ。
許容範囲を超えた人口密度の中をバスが侵入してきても、この人混みでは避けることもできない。悲鳴に似たざわめきの中、よく誰もひかれなかったものだと思う。

201412318.jpg

向こうに上海のシンボル、「東方明珠塔」が見えてきた。
ようやくの到着、時刻は22時を回っていました。

⇒ 上海旅行一日目~その二~ へ続く

クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国四川省宜賓市にて生活を始めました。
旅行記に絞ったブログ、一つひとつは旅のあしあとです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲