FC2ブログ
2016-05-22

伊寧旅行一日目

2016年4月28日、お昼に退社しそのまま新幹線へ。
暦通りのGWに有給をつけ、7泊8日の伊宁旅行へいよいよ出発です。

伊宁(イーニン)へ行くといって、ほとんどの人に「それ、どこ?」と訊かれてしまう。それも当然の話だ。
イーニンは中国内陸に位置する新疆ウイグル自治区、その最奥に位置する都市。
中国地図を見てみれば、いちばん左上端の国境手前にその地名を見つけることができる。

新疆ウイグル自治区に魅せられてしまった私。
「一度、中国のもっとも遠くに行ってみたい。中央アジアとの国境へ行ってみたい」
それが今回の旅行のスタートでした。

中国をおおざっぱに見るとき、ひとつこんな傾向があると知っておくといい。
それは、東側の沿岸部ほど都市機能が整った場所が多く近代化していて、一方内陸にいくほどその逆だということだ。
つまり、日本人にとって中国の内陸部に足を進めるということは、ただ単に距離の問題だけではないといえる。
有給をつけたとはいえ、今後こんなに長い休暇があるかわからない。
だから、かねてからの憧れである内陸国境へ。

「もっとも遠く」と言うならば、実はそれは新疆南西部の喀什(カシュガル)の方面の方がそれにあたるだろう。
最初はホータンかカシュガルを行先に考えていたが、安全面を考慮して今回はイーニンに。

新疆・ウルムチの友人、ロンさんに「GWにイーニンに行くから友達がいたら紹介して」と話を持ちかけたのは2月の終わり。
新疆ウイグル自治区は他の場所とは違い、外国人がふらりと出掛け、気軽にあちこち回れる場所ではない。
いつもは一人で動きたい私だけれど、車も必要だし、現地に詳しい人がほしかった。それに何より安全を優先すべきだった。
「もちろん!」
ロンさんがそう答えてくれたことで今回のイーニン旅行の計画はスタートし、それは同時に素人である私はそのすべてを彼に一任したことになる。
スタートと同時に私は行きたい場所とやりたいことの詳細を彼に伝えていたが、その通りにいくはずはなかったから、それだけは覚悟していた。

何度もやりとりを重ねていたが、旅行の詳細は出発直前までまったくはっきりしていなかった。
一週間前になり、その時点でようやくあらわれてきた旅の輪郭は、三日後にまたがらりと様相を変えた。

もともとウルムチまで空路で行き、その後寝台列車で10数時間かけてイーニンまで行く予定が、切符が手に入らずに寝台バスで行くことになった。
とりあえず、出発三日前の時点では仮・旅程として、
1日目、北京泊
2日目、ウルムチ発の寝台バス泊
3日目、霍城泊
4日目、イーニン泊
5日目、コルガス泊
6日目、新源泊
7日目、ウルムチ泊
こんな風に毎日違う場所を転々とする流れができていた。
その中で、コルガスと新源でロンさんの友人が私にごちそうしてくれる。

いつどこへどうやって行くかはっきりしない。
なんてアドベンチャーなんだろうと、不安よりもわくわくの方が強く、いつもより旅行日数があるからこそだなと思った。


成田から夜便で北京首都空港へ到着すると、2月に北京旅行でお世話になったモンさんが迎えに来てくれていた。
買ってきてと頼まれたものを渡す代わりに「ホテルまで送って」とお願いしていたのだ。

今回、複数の友人に頼まれてきて買ってきたものは総量かなりのものだった。
ところが。
4月の上旬、関税の決まりが改定された。
中国人の外国での爆買いが政府に懸念されたのか、空港で税関を通過する際の検査が比較にならないほど強化されたのだ。
昨年にすでに税関がかなり厳しくなっているのを感じたが、日本人だとわかると通してもらえた。
しかし今回はどうかわからない。
特に注意が必要なのは、化粧品だ。飛び抜けて税率が高く、なんと50%。
限度額5000元を越したものには容赦なくこの税率が適用される。

恐る恐る空港を抜けようとすると、やはり税関にひっかかってしまった。
日本人だとわかっても免れられなかったが、X線検査機に通せと言われたのは、なんとシリアルと洋服が入ったボストンのみで、あとの荷物は免れた。
この適当さは中国ではかなりの幸運だといえる。
決まりは決まりだけれど、この先のことを考えるとうんざりだ。

1604281.jpg

モンさんに空港近くのホテルまで車で送ってもらい、頼まれていた荷物を渡す。
時刻はすでに遅く日付が変わろうとしていたが、明日のフライト時刻を伝えると、フロントは「5時半発のバスに乗らないと間に合わないね」とあっさり言った。
ホテルから空港までの無料送迎バスを5時半に予約し、部屋へ。

1604282.jpg

空港から2㎞ほどのホテル。
北京といえどもここは郊外で周囲は真っ暗。
「マーヨーズ、何時に何のフライトでウルムチに着くんだ?」
ああ、そうだった。
ウルムチで待っているロンさんに急いで返事をしながら、これからが旅行のスタートだというのに、まるで旅行から帰ってきたばかりのような余裕のなさと疲れを感じた。
ロンさんに久しぶりに会える喜びも、なんだかまだ実感がわかずに、本当のことじゃないみたいだった。

⇒ 伊寧旅行二日目~ウルムチ・前編~ へ続く

クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国が大好き。お酒も大好き。
中国へ行く度に、スケールの大きさに圧倒されます。各地を旅行し街歩きし、体感したことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲