FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-08-23

38日間周遊 〈6日目〉 昆明

2018年7月5日、汗だくの中、2日からまるまる三日間シャワーにも浴びず、そして30時間の夜行列車に乗って昆明までやってきた。
昆明站に到着したのはちょうど朝の4時。

1807051.jpg

同室になったのは小さな子供連れのおじいちゃんおばあちゃんで、この二人の子供がたいへんなモンスターだった。
昨日一日列車の中で暴れたいだけ暴れ、それでも変な時間に寝たのが悪く眠れないのか、実に到着の4時までずっと大泣きをしていた。
この世の終わりのような泣き声に、寝なければと思うのだけど眠れるわけがない。
とうとうこの夜は一睡もすることがなく、乗務員が到着を伝えにドアを開けたとき、「あぁ、とうとう終わった」とあきらめた。

1807052.jpg

4時の昆明はまだまだ夜は明けそうもない暗闇だったが、駅前だけは客待ちのタクシーで賑わっていた。
節約も兼ねて予約しているホテルまで歩いてみたが、予想以上に歩きうんざりしそうになった。
不潔な身体に髪の毛はべたべた。寝ていないのに変に覚醒しながらもふらふらする感じ。

1807053.jpg

ホテルは大通り沿いにある昆明飯店を予約していた。
ようやく到着すると、チェックイン開始は8時とのこと。
まだ5時も回っていない時間だったため、あと三時間もある。
ロビーのソファーに横たわるが、寝不足すぎて逆に眠れない。
しかも昨日までの合肥、紹興と打って変わり、寒い。昨日までは暑くて眠れず、今度は寒くて眠れない。なんてことだ。
それでもようやく8時を迎え、部屋に入り、洗濯をしシャワーを浴びて、人心地つくことができた。

1807054.jpg

一時間ほど仮眠をとり、目が覚めたのはお昼だった。
支度をしてまず出かけたのは、市街地から北に向かったところにある「雲南鉄路博物館」。

1807055.jpg

ここは昆明北站の駅舎の一部分を利用した鉄道に関する博物館。
ところが到着してみると、チケット売り場は塞がれており、駅として生きている雰囲気はない。

1807056.jpg

入場してみて受付の女性が親切な雰囲気だったので訊いてみると、以前はここに昆明北站があったが現在は営業しておらず、ここ昆明にある駅は、私が下車した昆明站と、高速鉄道向けの昆明南站、この二つなのだという。

1807057.jpg

こちらは雲南省の鉄道路線を示したもの。
北にチベット自治区、四川省、貴州省、東に広西チワン族自治区、そして南にベトナム、ラオス、西にミャンマー。
雲南省は中国南部の中核にあり、また中国中心部と東南アジアをつなぐ位置にもある。
雲南を中心とした鉄道路線は中国、東南アジアにとって重要な意味を持ち、ここにはそうした展示を見学することができるということだった。

1807058.jpg

まず前提として知っておきたいのは、雲南に建設された鉄道には三種類の軌間があったということ。
世界的に使用されている標準軌は、幅1435㎜。
現在中国で一般的に使用されているのはこの軌間になる。
雲南にはこれよりも幅の小さい、1000㎜軌間とさらに小さい600㎜軌間があった。
1000㎜軌間のものは、中国語では‟米軌”と呼ばれている。(米はメートルの意味)
これが、雲南の鉄道で興味深いところだ。
列車は、軌間が適合したところでないと走行できない。
だから例えば違う軌間の国の間を国際列車が走行するときは、国境で車両を替え貨物を運び移す作業が必要になる。
また中国では、ロシアだったり日本だったり、その鉄道の持ち主が変わるごとに軌間を変えるという工程が必要になった。

中国東北地方では、ロシアが鉄道敷設権を獲得し鉄道を建設し、その後日本の手に渡った。
こちら雲南ではまた同様に、ベトナムを租借したフランスが不平等条約によりベトナムから昆明までを結ぶ路線開設のために、雲南での鉄道敷設権を獲得した。
80年間フランスがこの鉄道に関する権利を持ち、その後は返還されるという内容だった。

1903年10月に建設を開始し、1910年3月31日に完成したが、この時すでにベトナム側の鉄道は開通しており、その軌間が1000㎜だったため中国側もそれに合わせ1000㎜軌間で建設されたというわけだった。
これが、‟滇越鉄路”のはじまりである。
滇越鉄路は全長854㎞にもわたり、うち中国側が465㎞。
国境のベトナム側にあたる老街(ラオカイ)から同じく国境の中国側にあたる河口を経て、最終駅である昆明(当時は雲南府)へと延びる。
中国側は昆明から河口であることから、1958年には滇越鉄路から昆河鉄路へ名称を変更した。
フランスとの不平等条約により始まった雲南における鉄道だったが、中国南部はほとんどが山間部で地形が険しく、結果的にこの鉄道建設は中国において重要な役割をになうようになった。
この雲南鉄路博物館は、この滇越鉄路を主軸として、中国における鉄道の発展について展示したものである。

1807059.jpg

フランスの技術によって建設されたため、測量機器など、1900年初期のフランスの建設機器が多数展示されていた。

流れは脱線するが、途中で特別展示をしていた。

18070510.jpg

18070511.jpg

覗いてみると、同じく雲南の鉄路、すでに100年の歴史を持つという個碧石鉄路にまつわるもので、この鉄道が走る建水古城の観光誘致のような展示だった。
古い駅を補修して、列車に乗って観光巡りができるように整えたのだという。
見てみると本当におもしろそうで、鉄道が好きな人ならなおいいかもしれない。
この建水古城、昆明から198㎞の位置にあり、それほど遠くない。


話は戻り、雲南に鉄道を建設するのは、地形的にも非常に困難を極め、多くの死者が出たのだという。
そのためイギリス紙では、スエズ運河、パナマ運河に並んでの世界三大工事事業の奇跡、と報道されたのだそう。

18070512.jpg

18070513.jpg

見るだけでいやになりそうな困難な工事の様子。
フランスが建設したといっても、設計や機器や技術がフランスだったのであって、実際に身体を動かし身を削ったのは現地人だっただろう。

特に困難を極めたのはトンネルと橋の建設。
こちらはその形状から‟人字橋”と名がついた橋。

18070515.jpg

18070516.jpg

18070517.jpg

18070518.jpg

18070519.jpg

高さ100m以上のところに架かり、長さは67m。
1907年3月10日に着工し、1908年12月6日に完成している。

18070514.jpg

こちらは現代の様子。
この橋はごく一例で、たくさんの橋、トンネルが、当時の人々の手によってつくられた。

18070520.jpg

18070521.jpg

こちらは当時の駅で使用されたものたち。

18070522.jpg

18070523.jpg

中国とフランスでは、ロゴマークが違った。

18070524.jpg

やがて日中戦争の展示にうつった。
日中戦争に突入し、ベトナムから中国への侵入を防ぐため、このように線路や駅舎はすべて破壊されたのだという。
日中戦争により破壊、撤去されたが、終戦後再建され復活、しかし次は中越戦争により再び停止、そして再開となる。
近年まで運行していたが、崩落などの要因から中国側が廃線し、標準軌間である新路線が別の場所に建設され開通して今にいたる。

18070525.jpg

18070526.jpg

18070527.jpg

懐かしの鉄道関連の資料。
鉄道マニアの人だったら喜ぶんだろうな~と思うようなマニアックなものだち。
切符もあれば車内で使用された食器、駅員の証明書、駅員の帽子、バッジ、プレート、などなど。

18070528.jpg

展示室の奥の巨大な建物の中には、かつての車両が展示してあった。

18070529.jpg

フランス製造の1914年に使用されたディーゼル車。軌間は1000㎜。

18070530.jpg

日本の川崎造船所が1897年に製造したKD55蒸気機関車。軌間は1000㎜で1858年から85年にかけて雲南鉄路で使用された。

18070531.jpg

アメリカで1923年に製造されたSN型蒸気機関車。軌間は600㎜。1926年から91年1月1日まで、個碧石鉄路で使用された。

18070532.jpg

中国青島で1978年に製造された東方紅21型。軌間は1000㎜。


雲南鉄路博物館を見学し終えて、次は市内に残る仏塔へ向かうことにした。
少し離れているのでタクシーに乗ると運転手さんが中国語をほめてくれたので、
「勉強足りないからダメ」というと、
「大丈夫、中国も日本も文化は大差ないんだからお互い交流しないとね」
そういって運転手さんは知っている日本語を上げ始めたが。
「よしよし」
うーん、どういう場面のよしよしだ?
「ばか」
うーん、こんにちはとかではなくてこれが出てきたのは初めてだ。
運転手さんは意味がわかっているのかわかっていないのか、にこにこしながら「ばか」を連発した。
運転手さんは親切な人で、私が急に「あれ見たいからここで下りたい」というと、下りれる場所まで行ってくれて、また当初の行き先までの道も教えてくれた。

18070533.jpg

その見たかったあれとは、この中華門のことだ。
二つ並んでいて、「二つで一つなんだ」と運転手さんは教えてくれた。
「新しいの?古いの?」と訊くと、「古いのだ」と言っていた。

「雛金」の門と、「馬金」の門が、突然こんなところにどかんと立って向き合っている。
昆明の人は話しかけるのが好きなのか、一人の人が私に話しかけると近くにいた人も「なんだなんだ、韓国人か?」と近寄ってきた。
「写真撮ってあげるぞ」
頼んでもいないのに提案してくれて、いい機会なので撮ってもらう。
ついでに年代を訊いてみると、明代に建てられたものでその後修復されているとのこと。

ここから道に入っていくと、特産品を売るお店が並んでいた。

18070534.jpg

雲南で有名な普洱茶(プーアール茶)はこんな巨大な塊が客寄せになっている。

18070535.jpg

また漢方を売るお店も多い。

18070536.jpg

雲南瑪卡、天然天麻、文山三七、見慣れない名前が散らばる。
ミャンマー翡翠を売るお店も多かったが、中国の翡翠は偽物が普通に売られているのでほとんどが怪しい。

18070537.jpg

18070538.jpg

ようやく仏塔にたどり着いた。
ここには二つの仏塔が少し離れて並んでいる。
その西側を「西寺塔」東側を「東寺塔」という。
両方とも南詔国-唐代8世紀中頃に雲南エリアでおきた国―の時代に、同時に建設された。1100年の歴史があり、昆明でもっとも古い仏塔なのだという。
こちらの西寺塔はかつての慧光寺に建ち、そのため慧光寺塔ともいう。
高さ31m、明代に地震で倒壊し再建された。その後清代の時代にふたたび地震の被害を受け塔身は傾いた。これを1984年に修復する際に屋根から南詔国の年代を示す天啓十年(859)の文字がレンガに刻まれているのを発見、これにより829年に建設が開始された塔が30年の建設期間を経て完成されたものであること、また中原のレンガ製造技術がこの時代すでに雲南エリアまで及んでいたことがわかった。
また塔内から発見された石碑により、当時この仏塔は夜間灯りをともし人々の道しるべの役割をしていたこともわかったそう。

18070539.jpg

この西寺塔からまっすぐ東を向くとその先には同じ外観をした東寺塔が見える。

18070540.jpg

18070541.jpg

東寺塔は常楽寺に建っていたことから常楽寺塔ともいう。
高さ40mで、現在西寺塔と同じ外観をして対になって向かい合っているが、当時はもともとはまったく違う外観をしていたのだという。
清代の地震により倒壊し、再建する際に同じ外観で再建された。
現在同じように建つ二つの塔だが、この東塔の方には地下宮があるのだという。

西寺塔、東寺塔、ふたつとも塔頂にはそれぞれ四羽の鳥がかたどられている。
これは迦楼羅(かるら)と呼ばれる仏教の守護神のひとつで、インド神話の神鳥ガルダが仏教に取り込まれたもの。
この迦楼羅は日照りや洪水などの雨に関わる災害を司る神様だったため、多くの川を持ち古来水害が絶えなかったこの地域の人々はこの迦楼羅に祈ったのだろう。

18070542.jpg

この二つの塔をつなぐ道には、真ん中にやけに立派な城門「近日楼」が建っている。
元代には昆明城内を南北に貫く大通りに建つ南大門だったが、現在のものは再建されたものだそう。

ここでおなかがすき倒れそうになったため、雲南の名物である「過橋米線」を食べることにした。
過橋米線は雲南を代表する料理で、あちらこちらにあるし、雲南だけでなく中国各地でお店を見つけることができる。
私が初めて食べたのは、麗江を旅行した時だった。

18070543.jpg

ポイントはこのように具が分けられて運ばれてくること。
ライスヌードルであること。
そしてスープは脂が幕を張り、土鍋や陶器の熱々状態で提供されること。
これを、ウズラの卵、そして金華ハム、鶏肉などの具、最後にライスヌードルを入れて、スープの熱で加熱して食べる。

18070544.jpg

18070545.jpg

この料理の由来は、旦那さんに食事を運ぶ際に食べるころには冷めてしまうのが、鶏の油によって膜が張られると熱々の状態で食べてもらえることから生まれたのだという。
旦那さんのところまで橋を越えていくため、「過橋米線」というわけだ。

実を言うとおやつのつもりで食べたのだけど、すっかりおなかいっぱいになってしまった。
とても美味しかったので、もう一度食べるチャンスがあるといいな。

18070546.jpg

ここから歩いてすぐの古い建築が残るという「昆明老街」へ。

老街へ入ってすぐ。ふとカンカンと木を叩く音がするので、ついつられて奥へ入ってみた。

18070547.jpg

18070548.jpg

そこには中国でよく見る、看板。
政府の建物を示すのだったり、あるいは歴史風の扁額だったり、観光地の説明板だったり。
そんな看板に関するあるゆるものがここでは作られているみたい。
塗りたてで乾かしてあるものや、彫刻途中のもの。
奥ではおじさんが手作業で鑿をいれているところだった。

18070549.jpg

18070550.jpg

また老街の通りに戻ってみると、ここには看板や標識に関するお店がずらりと建ち並んでいたのだった。
財務室、休憩室、立入禁止、禁煙、二階、非常口、ありとあらゆる看板と標識。
電飾なども、それからトロフィーや旗や社員証、ポスターなどなど。
火鍋100元!なんて広告作成中の女の子も。
こういうのってどこで作っているのかとおもっていたけれど、こんなふうにして商売されているんだと驚いた。

18070552.jpg

18070551.jpg

とても古い建物があると思ったら、「福林堂」という薬局なのだそう。
清代1857年に創業したお店なのだと書かれている。

18070553.jpg

また付近には見るからに古い建築物も。
これも清代の四合院づくりの住居のようで、とても立派だった。

18070554.jpg

中を覗いてみると、飲食店になっていた。
保護文化財に指定されている建物を普通にお店として利用している大胆さはすごい。

18070555.jpg

こうしてホテルに戻ってきた。
雲南の有名な古都、大理の名前の大理ビールを飲みながらこの旅行記を書いている。
北京、合肥、紹興と、水をかぶったように全身汗だくの道行きだった。
それに打って変わり、爽やかな気候の昆明。
湿気はそう感じられずそう暑くもない。
「昆明はここと違って気持ちいいよ」
紹興でジューチーユーが話していたのを思い出した。
昆明は一年中過ごしやすいことから「春城」の別名がある。
そんなことを聞いたって、うそだ~と思っていたけれど、実際来てみるとそれは本当だった。
まるで別世界のような変化である。
一年中過ごしやすいなんてそんな都合のいい話あるの?なんて思っていたが、おそらくそれは本当だろう。
やっぱり私にはまだまだ見ていない中国の表情がたくさんある、そんなことを思った。

〈記 7月5日 昆明にて〉

参考:
宿泊費 259元
雲南鉄路博物館 10元
西寺塔・東寺塔 無料

18年38天旅行◇紹興ー昆明
北京ー合肥ー紹興ー昆明



クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鉄道博物館…

鉄道博物館…
 ここは結構有名なのですが、4度も昆明に宿泊しているのに行ったことがありません。先年、トランジットのため数年振りに昆明を訪れ驚いたのは地下鉄が走っていて便利になったことでした。僕は鉄道マニアではありませんがベトナムとの軌道幅は有名な話です。ベトナムと中国は国民的にはベトナムの嫌中感情は中国人の比ではありません。ベトナム戦争後に文革終結と相成って侵略したた中国軍が撃退・逆劇されたことは有名です。但し、中国はそれを認めていませんけどね…
 昆明は春城の通り猛暑の中国で本当に涼しい場所です。僕も7月中旬に厦門から逃げる様に訪れ、大里、麗江と北上するに従い、寒さに耐えかねて服を買いました。中国が広い証左で、これを直接味わう事ができただけでも貴重な経験だと思います(^^)

Re: 鉄道博物館…

この鉄道博物館、有名なんですね。
私は鉄道にとくに興味があるわけではなかったんですが、旅を通して鉄道に関わることが多く、そうした観光地に行くことも増えてきました。
この博物館は博物館と名乗るにふさわしい充実した展示で、じっくり見れば数時間かかってしまいそうな内容でした。
時間がないので、私は近代鉄道の発展、高鉄の展示は飛ばしました。
軌間の問題は、特に中国においては領土や支配云々が絡んでくるテーマかもしれません。
支配する国がかわればそれに合わせて軌間を変える作業が必要になってくるのですから、単にこの幅の列車、線路、というわけではなかったんですね。
中国の鉄道は他国との関係によって基礎がつくられ発展してきましたから、鉄道自体というよりは、そういう意味で学んでみたい分野です。

ある場所は猛暑である場所は雪が降り、そんなのも中国ならではで、旅を通してそれを体感するにはある程度の長期旅行でないと難しいですよね。
でもそれこそが中国を巡る醍醐味のひとつだと思っているので、やっぱりぐるり旅、またやってみたいです。
暑いから寒い、でもいいし、寒いから暑いでもいいし、それに標高にともなう感覚の変化も加わり、なんておもしろいことだろうと思います。

まいりました。30時間揺られてよく寝られなかったら私の場合1日ホテルで休憩でしょう。
鉄道博物館行きましたよ。たしか学生だと偽ってタスポを見せたらしっかりばれて恥かしい思いをした記憶があります。

Re:

30時間の列車は、まだ疲れも溜まっていない旅の前半だったのが幸いしました。
鉄道博物館も行かれましたか、タスポはさすがにばれてしまうのでは…。
でも中国ではなんだかそういうのも通用してしまいそうだからおもしろいですね。
プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国が大好き。お酒も大好き。
中国へ行く度に、スケールの大きさに圧倒されます。各地を旅行し街歩きし、体感したことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。