FC2ブログ
2018-11-07

30日間成都滞在〈24日目〉

2018年10月18日、この日のお昼は近くの食堂へ。
先日も食べた綿陽米線のお店で、「何が食べたい?」と訊かれ、
「抄手」とリクエストすると、
辛いのと辛くないのと二種類の抄手を頼んでくれた。

1810181.jpg

ジャオユーさんはそれに加えて米線を。
水餃子はそんなにいくつも食べると飽きてしまうけれど、この抄手はいくつでも美味しく食べれてしまう。

おなかいっぱいになり、部屋に戻りソファーへ。

1810182.jpg

私はこの前近くのセブンイレブンで買った、雪見だいふくを冷凍庫から出してきた。
この雪見だいふく、中国生産ではなく日本からの輸入品なので中国表示のラベルシールが貼りつけてある。
いろいろ購入したので価格は忘れてしまったけれど、輸入なので日本の価格よりもずっと高い。
ずっと高いけれど価格を無視しても買ってしまうおいしさ。
「子供のころから大好きだったの」
そう言ってジャオユーさんにひとつ。
彼は興味を示し、スマホで写真を撮っている。
その後彼の仮眠タイムに入り、彼は私の膝枕で眠った。
今思い出しても幸せな時間。

1810183.jpg

夕方ジャオユーさんが帰宅して私たちが向かったのは、彼が会員登録しているジムだった。
とても安いのだそうで、三年間で3000元ほどの料金で通い放題なのだそう。
私はカードを持っていないけど、「多分大丈夫、一緒に無料で入れるから」と彼は言った。
受付でカードを提示し、「久しぶりに来たよ」
受付の女の子に言った。
彼の言う通りで、私は体験みたいな感じで通してもらうことができた。

1810185.jpg

私たちはまず、ランニングマシーンへ。
私は遠い昔の学生時代に陸上長距離をやっていたが、今ではちょっと走っただけでばててしまうていたらく。できるだろうか。
それに屋外を走ることしかしたことがなく、ランニングマシーンの経験が一度もなかった。
足元だけが動いて走る感覚ってどんな感じなんだ?

1810184.jpg

説明を受けて、スピードを上げるボタン、ゆっくり停止するボタン、緊急停止ボタンを教えてもらった。
最初はおそるおそる時速3㎞から。
いくらなんでも遅いよな、と少しずつボタンを押して11㎞まで上げた。
「マーヨーズ、ゆっくりゆっくり」
結果私たちは30分ほど、私は5㎞走った。
マシンを停めてみると、くらり。
床に下りると船から降りた時みたいに地面がぐらついた気がした。

1810186.jpg

1810187.jpg

その後、他の事務室へ。
ダンベルなどで筋トレを。
色んな器具を一通り試し、今までお金かけてジム行くくらいなら屋外ジョギングか市民プールなんて考えていた私も、ジムがけっこう楽しいことに気づいた。
けれどもやっぱり、ジャオユーさんが一緒だったからかなと思う。

1810188.jpg

ジムを出て、夕ご飯を食べていなかった私たちは、この前水泳のあとに食べた内臓火鍋のお店に行ってみた。

1810189.jpg

18101810.jpg

串でちょっとちょっと好きな具材が食べれるのがうれしい。
私はうずらの卵と椎茸とブロッコリーなどをトレーに並べ、ジャオユーさんは牛の様々な内臓をお皿にのせた。
それから「これがないと」と血の塊である血旺も。
お酒は白酒を。
汗が引き寒かった夜も、すぐに温まった。

〈記 10月28日 自宅にて〉


クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国が大好き。お酒も大好き。
中国へ行く度に、スケールの大きさに圧倒されます。各地を旅行し街歩きし、体感したことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲