FC2ブログ
2018-11-07

30日間成都滞在〈28日目〉

2018年10月22日、月曜日。
ジャオユーさんは出勤し、私はいよいよ帰国を目の前にして荷物を片付け始めることにした。
帰国は明後日の午前便。
明日も一日あるけれど、明日はゆっくりしたかった。
一カ月、長いと思ったけれどあっという間。
部屋には私の生活用品が定着し、それを片付けてキャリーバックに収めるのは思った以上に大変だった。
洗面用具や服などまだ使うものもあるので、片付けることができるところまで片付け、とりあえず今日洗える自分の衣服や彼のものを洗濯にかけた。

お昼にまたいつものようにジャオユーさんが帰宅し、食べに出掛けたのは何度も行った蘭州拉麺のお店。
ここの商売はなかなかで、いつも店内外、たくさんのお客さんでいっぱい。

1810221.jpg

大好きな蘭州拉麺ではなくて、味を変えて牛肉麺にしてみた。
野菜がたくさんのっていて、昨日飲み過ぎた身体に嬉しい。
ジャオユーさんとこうしてお昼ご飯を食べるのも、もう終わりなんだなと思うと寂しくなった。
夜は、彼の友達のワンさんを呼んでまた屋上で羊肉を焼こうという話になった。
ワンさんは先日火鍋に誘ったことがあったけれど、私の都合で実現することがなく、そうしたこともあってお誘いしたいということになった。

1810222.jpg

1810223.jpg

お昼ご飯を終え、外の果物屋さんでマンゴーを購入。
この前買ってみたマンゴーがとてもおいしかったからだ。
日本ではマンゴーはちょっと高い果物。
中には高級品もある。
中国のマンゴーは安いし、見た目は傷があったりするかもしれないけれど、味はなんの違いもない。
そんな訳でマンゴーを買い、部屋に戻り午後の出勤時間が来るまでくつろいだ。

ジャオユーさんは、
「いつものやり方で休んでいい?」と訊く。
私はソファーの端に移り、彼は膝枕で横になった。
するとまた何か言う。
「ん」
「え、何?」そう訊くと、
また「ん」と言う。
まるでとなりのトトロのカン太みたい。
ジャオユーさんは「ん」と言いながら、自分の頭を指さす。
頭をなでてほしいのだった。
子供みたいで可愛いけれど、彼は男気の強い大人の男性だ。
私が彼のこうした姿を見るのはこのお昼の時間だけだった。
幸せなひとときだった。

夜のために冷凍室にあった羊肉をキッチンに出してあったが、午後になり天候が悪化した。
外を見れば小雨が降っている。
ジャオユーさんは帰宅し、今日の烤羊肉が中止になったことを伝えた。
天気が悪ければ屋上で焼肉はできないし、今日はとても寒かった。

1810224.jpg

仕方なく車で出てショッピングモールで食事をすることに。

1810225.jpg

私たちは悩んだ挙句、海鮮火鍋のお店を選んだ。
四川火鍋は何度も食べたけれど、海鮮火鍋を食べたことはなかった。

1810226.jpg

お鍋は二つ選び、海鮮セットを頼んだ。
黄色いスープはなんだかカレーみたいな風味で、赤いスープはタイラーメンのような風味だった。
黄色いスープには、ヒトデが浮かんでいる。

1810227.jpg

頼んでくれた海鮮セット。
ジャオユーさんは貝類を食べれないので、このほとんどを食べることができない。
「ごめんね」
そう言うと、「大丈夫大丈夫」
そう言って野菜セットを頼んだ。

1810228.jpg

彼は肉類も一切食べないけれど、この一カ月私に付き合って食べてくれたのだった。
それら一つひとつは彼の愛情だったが、私はいつしかそれに慣れて甘え、自分を見失っていたが、それに気づいていなかった。

マンションに戻り、部屋の階のボタンを押そうとした彼を遮り、私は屋上のある最上階のボタンを押した。
最後にもう一度、屋上からの夜景を見たい。

1810229.jpg

小雨でかすんだ成都の夜景は、ぼんやりとしながらも確かにそこにあった。
先日はここで羊を焼きながら二人で夜景を見て、流れ星を見た。
あの時の記憶は未だ鮮明だったけれど、一日一日と昔になっていく。
時間の流れ、なんていうことがあるけれど、時間に本来流れなんてない。
そんなふうに思うことがある。
時間の流れという概念は、人間が過去起きたこと、今起きていること、そしてこれからのことを、整理し納得するために作り上げた概念だ。
だからきっと、一カ月早かった、なんていうのも、私が私なりに納得したいがために感じることなのだ。
一番大事なのは今なのに、昔起きたことやこれからにこだわり、今を大事にできていなかった。
けれどそんなのも、あとからだからそう思うことなのだとも思うけれど。

〈記 11月3日 自宅にて〉


クリックしていただけると励みになります☆
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まゆ

Author:まゆ
中国が大好き。お酒も大好き。
中国へ行く度に、スケールの大きさに圧倒されます。各地を旅行し街歩きし、体感したことを綴っていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
クリックしていただけると励みになります↲